【インターネット】IIJ、コロナ特需で利益爆上がり。

1: ラダームーンサルト(愛知県) [US] 2021/05/18(火) 21:09:59.57 ID:9rkcTaY90● BE:896590257-PLT(21003)
sssp://img.5ch.net/ico/2-1.gif
純利益142%増のIIJ、老舗インターネット企業に吹いた追い風は続くのか
2021.05.18 日経コンピュータ

 

インターネットイニシアティブ(IIJ)の2021年3月期の連結決算は、営業利益が前期比73.2%増、当期純利益は同142.4%増だった。
2014年以降の6年間と比較しても著しい伸び率だ。 IIJは1992年創業の日本のインターネット業界では老舗とも言える企業だ。
売り上げ規模は2000億円にのぼる。何が好業績の要因となったのか。

◆「テレワーク特需」で恩恵
最大の要因はコロナ禍でテレワークへの移行が急増したことに伴う、企業のインターネットトラフィック増加だ。インターネット接続
事業者(ISP)や企業向けサービスを手掛ける通信事業者に広く吹いた追い風を象徴する存在がIIJと言える。
企業向けのインターネット接続サービスについて、多くの企業が帯域を増強したため売り上げが伸びた。自宅など社外からインター
ネット経由で社内ネットワークへ接続する社員が増えたことで、企業がインターネット回線帯域を増強する必要に迫られたためだ。
IIJの企業向けインターネット接続サービス利用料は帯域確保量によって変わるため、帯域強化の動きは売り上げ増に直結する。

利益が伸びた理由はインターネット接続サービスのコスト構造にある。同サービス提供においては通信設備や通信キャリアから
借りる回線などのコストが固定費となる。通信事業者は一般に、トラフィック増に備えて投資しているため、顧客が帯域を増やす
のに比べて原価の増加ペースはなだらかだ。IIJも例外ではない。IIJの渡井昭久専務取締役 CFO(最高財務責任者)は
「売り上げは増加したが、固定費は前期とほとんど同じレベルだった」と振り返る。利用者が増えればそのまま利益増につながる。

テレワーク普及によりビデオ会議などのコミュニケーションツールや業務SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)などの企業に
注目が集まる一方、インフラ企業として「おいしいところ」を持っていった1社がIIJだった。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05589/
no title

no title

2: トラースキック(SB-iPhone) [ニダ] 2021/05/18(火) 21:11:02.74 ID:M5AqcFXg0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

 

3: スリーパーホールド(大阪府) [ヌコ] 2021/05/18(火) 21:13:23.74 ID:6XjxwfN/0
インターネットが壊れた!

 

4: ドラゴンスクリュー(東京都) [BR] 2021/05/18(火) 21:22:29.01 ID:xpCnbg7V0
ギガプランが良すぎるからな

 

引用元:5ちゃんねる https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1621339799/

スポンサーリンク